* Green Spoon Rice field の名プレイヤーたち *

「 りんごを実らせるのは、りんごの木です。主人公は人間ではなくりんごの木です。

人間はそのお手伝いをしているだけです。」

 

 

これは、『 奇跡のリンゴ 』で有名な木村秋則さんが、自然栽培を語る時によく使う言葉ですが、実は、この言葉に自然栽培の本質があると、弘前大学の教授である杉山修一さんは、その著書『 すごい畑のすごい土 』で、

自然栽培、慣行栽培、有機栽培、放置栽培、この4種類の違いをゲームに例え分かり易く説明しています。

慣行栽培、有機栽培はともに、生産者がゲームの主要なプレイヤーである。

一方、放置栽培では、生産者はプレイすることをやめ、ゲームを傍観します。

当然、何もしないので作物は害虫や病原菌による被害を受け、ゲームに勝つことは出来ません。

それに対して、自然栽培では、生産者がプレイヤーをやめるのは放置栽培と同じですが、

傍観するのではなく監督としてゲームに参加します。

* Living thing *

自然栽培のスタイルは、ゲームのプレイを圃場に住む全ての生き物に任せること、

圃場には、作物に害を与える敵対するプレイヤーもいれば、敵を抑える味方のプレイヤーもいます。

それらは地力をつくるプレイヤー、病原菌と戦うプレイヤー、害虫を防ぐプレイヤーなど様々です。

監督の役割は、敵の動きを抑える味方のプレイヤーを元気にすることです。
そのためには、まず、有力なプレイヤーを集め、彼らを緊密に結びつけて強力なチームにすることが大事で、

それが自然栽培というゲームでの監督の役割なのです。

有機栽培と自然栽培の根本的な違いは、プレイヤーとして振る舞うか、監督として振る舞うかの役割の違いにあり、

天敵を例にとれば両者の違いがより分かり易くなります。

有機栽培では、人工的に飼育した天敵を合成農薬の代わりに圃場に放します。

しかし、自然栽培では、圃場の環境を天敵に合う様に変えて、天敵を其処に住み着かせます。

天敵を害虫防除に使うにしても、散布するのと住み着かせるのでは、考え方が大きく違うのです。

簡潔にいえば、自然栽培の基本的な考えは、肥料・農薬を撒く代りに圃場の中にある「生物の力」を利用するということになり、

このスタイルはこれ迄の農業には見られない全く新しい考え方になります。
そして、この「生物の力」とは、決して神秘的な神がかりの力を意味するのではなく、

自然界に普通に存在している力だということなのです。

如何に「生物の多様性」を促すか、これが自然栽培における監督の腕の見せ所なのでしょう。

 

       *       *       *       *       *       *

参考文献:杉山 修一(2013)『すごい畑のすごい土 無農薬・無肥料・自然栽培の生態学 (幻冬舎新書)

* Botanical *

クリックすると、写真が拡大します。

* Landscape *

クリックすると、写真が拡大します。