在来種とは?

「在来種」とは、「固定種」ともいい、元々は、野生で生息していた稲や野菜を、人間が農耕用に「少しでも食べられる部分が多く」、「病害虫に強く」、「沢山収穫できるよう」、その年に一番よくできたものを選んで種を採り、そして、翌年、その種を蒔いて育てた

中から、また、一番よいものを選んで種を採る、といったことを何代も繰り返して、品種改良してきたもののことをいいます。

 

さらに詳しくは、こちらへ >>