天然の湧き水と、自然豊かな里山の気候風土に育くまれた

生命力に溢れるお米

Green Spoon Rice field は、里山の澄んだ湧き水が流れ込む、自然豊かな田んぼです。

寒い冬の間は、しんと静まり返っている田んぼに

春が訪れ、そして、田植えの時期になり、水が張られると

いっせいに、数えきれないほど沢山の、オタマジャクシや、アメンボたちが、ピチャピチャと動き廻り始めます。

そして、いよいよ、田植えが始まると

そこらじゅうから、「ケロケロ ♪ ケロケロ ♪ 」と、カエルたちの大合唱が、響き渡り

やがて、ウグイスや、ホトトギスなど、たくさんの小鳥たちが集まって来る、にぎやかな季節が始まります。

カエルや、蜘蛛が、稲につく虫を食べてくれるように、それらを餌に求めて、ヘビや、野ネズミ、ツバメや、シラサギなどの鳥たち、

そして、イノシシや、シカなどの野生動物たちも訪れて来ます

↑ 

クリックすると写真が拡大します

そうした、多種多様な生きものたちが織りなす、自然界の営みの力 を、お借りして育つ

 

Green Spoon Rice field の自然栽培米には、生命力があります。

* More*

自然界の生態系というと、つい、私たちは、「 植物界 」と「 昆虫界 」、そして「 動物界 」という、目に見えるものだけの生物界を

考えてしまいますが、ここで忘れてはならないのが、目には見えない程、小さなバクテリアや、菌類などの無数の微生物たちの存在です。

 

 

宇宙の星の数よりも多くの菌類たちが、私たちを取り巻く、周り中の空気に漂っています。

 

そして、水の中にも満ち溢れ、食べものを育む「母なる大地」にも充満し、

 

私たち皆の命を、支えてくれています。

そして、自然栽培の田の土の中には、普通の田に比べ2倍以上も多くの「土壌微生物」が棲むといわれていてます。

 

光合成によって、植物が生産する糖類の1〜2割は、土の中の根菌類に、吸収されてしまうのですが、

実は、そのお返しに菌類たちは、土と有機化合物との結合を分解したり、酸や酵素を作り出したり、

植物の生育に必要な多くの栄養素を運んだりという、様々な働きをしてくれています。

 

そのことを考えると、土の豊かさとは本来、窒素、リン酸、カリといった肥料分だけによるものなのではなくて、

 

そこで生命活動をおこなっている、多種多様な微生物たちと、農作物とが、

 

お互いに上手く、共生♥共存しあえているか?どうか?という、バランスを観取ることこそが、

 

実は、最も大切なことなのではないか?ということに気が付かされます。

 

また、微生物たちは、人間や動植物の表皮のみではなく、その内部でも活発に活動をしていて、

食べものを消化し、分解する腸の中にも、約500種類、100兆個(重さで1.5kg)以上の、腸内細菌が棲んでいるといわれています。

 

そして、それらが生み出す酸や酵素などにより、腸内環境のバランスが崩れ、「 腐敗 」に傾くと、アンモニアなどの有毒ガスや、

有毒物質を生み出し、下痢や、便秘といった症状が現れ、そして、肌荒れや、体調不良の原因となってゆきます。

 

一方で、腸内細菌のバランスが、良好な状態に保たれていれば、免疫力が高まりますので、

風邪や、インフルエンザなどの感染症にかかりにくくなります。

 

また、癌やアトピー、花粉症などのアレルギー、鬱( うつ )などの精神性疾患といった、

現代人の抱える、様々な病気の予防にも繋がるということが、近年の研究で解ってきています。

「自然栽培」と「有機栽培」、「慣行栽培」のお米で炊いたご飯を、それぞれ煮沸消毒したビンの中へ入れ、

どの様に変化するのかを観察してみると「有機栽培」と「慣行栽培」のご飯は、時間の経過とともに、

アンモニアなどの悪臭を放ちながら腐敗してゆきますが「自然栽培」のご飯は、次第に発酵して、お酒のような良い香りがしてきます。

現代の様な、肥料も農薬もなかった、昔々、蒸したお米についた自然界の「麹(こうじ)菌」の働きによって、できた飲み物とされる「濁酒(どぶろく)」は、

酵母、麹菌、乳酸菌などの発酵菌が、大活躍することで、醸(かも)しだされているために、「有用微生物」の宝庫であり、腸内の善玉菌の活動を活性化させ、そして、

悪玉菌の活動をおさえこめます。

 

麹や酵母に、人を健康にする力が備わってることを、

経験的に知っていた、昔の人々は「百薬の長」と呼んでいました。

 

詳しくは、ブログ【 醸してつくる「百薬の長」自家製どぶろく 】で、ご覧いただけます。 >>

腐らずに発酵する Green Spoon Rice field の自然栽培米は、アレルギーを持つお子さんや、

マクロビオテックなど、食養生をされている方々にも、安心して食べていただける命のお米です。