Green Spoon Rice field は、岡山県のやや

北東部、吉井川を登った小高い山の上にあります。

 

澄んだ湧き水が流れ込み、周りを樹木に囲まれた

豊かな自然が残る田んぼで、農薬や肥料に頼らずに、

微生物や虫たち、そして、植物や動物たちといった

 

自然界の生きものたちの仕組みや働きを、

最大限に活用して、害虫から稲を守ったり、土を育てる

 

”自然栽培”でのお米作りをしています


Green Spoon Rice fieldでは、昔ながらの在来種

朝日、亀の尾、古代米もち米 緑米

 

天水や、お天道様など、里山の豊かな自然の力を、

お借りして育てています。

こうした、昔ながらの在来種や、古代米は、

品種改良を重ねた、現代のお米に比べると、

 

食後の身体への負担が軽いため、

アレルギーのお子様や、食養生をされている方々

でも、食べることができる品種のお米

 

と、話題になっています

しかし、収穫量が少なく、栽培に手間がかかるため、

現在では、作付けをする農家が、ほどんどいなくなってしまい、市場からは、その姿をほとんど消した

 

幻のお米といわれています。

 

幻のお米の、上品で素朴でありながらも、

滋養に富んだ深い味わいを、どうぞお楽しみ下さい。



【 平成30年度産自然栽培米のご予約について 】


「朝日」「亀の尾」は、終了いたしました。

 

現在、「緑米」の受付けを、しております。

 

詳しくは こちら迄、お問い合わせください。>>


【 †田の神が宿る霊草†真菰(まこも)の販売について 】


古代から、聖なる植物として、宗教儀式や、漢方薬、食用、民芸品など、

衣食住の中で大切されてきた真菰(まこも)

 近年では、驚くほど様々な薬用効果が、着目されています。